2006年10月02日

You've got m@il

ユー・ガット・メール【字幕版】ユー・ガット・メール【字幕版】
ノーラ・エフロン トム・ハンクス メグ・ライアン

ワーナー・ホーム・ビデオ 1999-12-17
売り上げランキング : 3179
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


レンタルショップの「GEO」が
旧作のDVDを100円で貸し出ししているので
ここぞとばかりに借りまくってます。

この前トム・ハンクス主演の「ターミナル」を観たので
そっちを紹介すべきなのですが
今さらと言えど
どうしてもこの映画が紹介したくて。。。

ストーリーは知っての通り
パソコンのメールで知り合った二人が恋仲になる
というベタベタな恋愛話です。

セカチューすら鼻で笑った私。
純愛とかもちあげる話は大嫌いです。

なので本来メールで知り合った相手が
知人なんてありえない恋愛話も嫌ってたんですが
母がこの映画を観ていた時にたまたま観る事になって
納得しました。

詳細のストーリーは
(役柄の名前わすれましたたらーっ(汗)
メグ・ライアンの経営する本屋の近くに
トムが新しく建てる大型書店ができるので
メグの本屋は頑張りつつも閉店。

当然、メグはトムが気に入らない。
悩みと本音を顔も知らないメールだけの相手に
打ち明けます。

そんな中「今度会おう」という話になり
待ち合わせ場所を決めその場所に
行ったトムはメグを見て唖然…。

嫌わられてる相手に会うわけですから。
結局何気ない偶然を装ってメグに話しかけますが
メグとしてはイヤな相手ですから
怒ってしまいます。

二人の仲もこれで終わりかと思いきや
メグはメールの相手がトムだと気づかないので
「仕事で待ち合わせ場所に行けなかった」という相手に
「今日は人にヒドイ事を言ってしまって自分がイヤになった。」みたいな会話をします。

ヒドイ事を言われたのが自分だとわかってるトムはここで
心を入れ替えてメグと仲直りします。

そこでだんだん二人は仲良くなっていって
メグがメールの相手の話をトムに打ち明けます。

メールの相手が自分なのにメグの話す相手に
やきもちを焼くトム。
(この辺が大人の恋愛のややこしい所ですね)

そしてメールの相手といよいよ会う日が決まり
その会う前にメグとトムは会って話をします。
「今日いよいよ会うの」
メールの相手(自分だけど)と会わせたくないトムは
ここで告白。

このシーンが私はとても好きです。
「仕事の事がなくて、普通に君と出会ってたら
すぐに電話番号を聞き出して24時間待てずに
すぐ電話をしていた。」



相手をじっと見つめて言葉を考えながら語る
トムの演技がピュアでとてもよかったです。


しかしそう言われ心を動かされながらも
やはりメールの相手が気になって
泣きそうになりながら
待ち合わせ場所に行くメグ。


ラストは是非皆サマの目で観てください。

何度も言いますが,結局はメールの相手=トムだから
結果は同じじゃん〜〜
なんて言う人もいると思いますが
そういう人は私からみれば
まだまだ甘いですよ?

banner2.gif←どうぞ1クリックお願いします!
posted by りた at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24777909

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。